猫伝染性腹膜炎(FIP)治療にご協力ください

生後4か月になる子猫「ほたて」が猫コロナウイルスによる難病「猫伝染性腹膜炎(FIP)」を発症しました。

未承認の新薬を投与しなければ、

  • ・致死率ほぼ100%
  • ・診断後の余命平均9日
  • ・承認薬での治療は不可能
という大変恐ろしい病気です。

ほたての命を助けるには、未承認の新薬を投与するしか方法がありません。

どうか、子猫の命を救うため、あなたのご支援をお待ち申し上げます。

> ほたてFIP治療支援のクラウドランディングはこちら<